転勤なしの損害保険会社の求人

損害保険会社転職TOP >> 条件別の求人 >> 転勤なしの損害保険会社の求人

転勤なしの損害保険会社の求人

損害保険会社の仕事は転勤が多いことで知られており、ほとんどの求人には転勤に関する情報が記載されています。国内から海外にかけて転勤を行うところもあれば、関東や関西などの地方限定で転勤を行うところもあります。

損害保険会社の総合職とは、将来の幹部となる幹部候補生です。組織の幹部にはあらゆる事態に対応することができる幅広い知識が必要となるため、さまざまな支部、部門を渡り歩くことになります。なお、総合職の転勤には全国転勤型と地方転勤型がありますが、傾向として遠方への転勤が多い方が出世への道が開けているとされています。しかし、就職してからいきなり海外や地方へ出向かなければならないということは少なく、しばらく本部で経験を積んでからというケースが多いようです。なお、損害保険会社の総合職でも必ず転勤があるというわけではなく、原則的に転勤がない内勤型も少なからずあります。なお、内勤型の総合職は将来的に事務系の管理職に就く方が多いです。

その他、総合職と同じく、損害保険会社では人身事故のエキスパートである専門職、物損事故のエキスパートである技術アジャスターも転勤が多い傾向にあります。専門職と技術アジャスターの転勤は彼らの有する高い専門的知識と技術をさまざまな場面で活用し、情報を共有することを目的としたものです。つまり、教育というよりも指導としての側面が強いと言えるでしょう。

損害保険会社の求人でも転勤なしを謳っているものは少なくありません。まず、損害保険会社でも一般職として働く場合はほとんど転勤がないとされています。一般職、特に事務職として働いている方の多くは女性であり、転勤をしなければならないとなると職を辞するしかなくなるという方も多いからです。しかし、一般職でも自ら希望すれば転勤の要望は通る可能性があります。例えば、配偶者が転勤になった場合などは担当者に申し出を行ってみるといいでしょう。

転勤に対して良いイメージを持っている方は少なく、悪いイメージを持っている方が多いです。人間にも他の動物と同じように帰巣本能があるため、大抵の人は住み慣れた土地を離れることに抵抗感を覚えます。近年においては、転勤の辞令を受けて会社の辞職を決意するという方も少なくありません。しかし、環境を変えることは見聞を深め、知識を広げる上で多いに役立ちます。また、転勤へのネガティブな印象も、半年も経過すれば薄らいでくることがほとんどのようです。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.