激務でない損害保険会社の求人

損害保険会社転職TOP >> 条件別の求人 >> 激務でない損害保険会社の求人

激務でない損害保険会社の求人

損害保険会社の仕事は忙しいことで知られています。金融業に属する損害保険会社は収入面で恵まれているので就職希望者は多いですが、仕事の忙しさなどの影響により、定年まで勤め上げる方は少ないと言われています。

まず、損害保険会社の将来の幹部となる総合職、人身事故の専門家である専門職、物損事故の専門家である技術アジャスターなどは専門制の高い部門となるため、仕事は特に忙しい傾向にあります。また、これらの部門は転勤も頻繁にあるため、環境の変化によるストレスにも耐えられるようにしておかなければなりません。ただし、ある程度転勤を続けて出世を重ね、会社の幹部や管理職に登り詰めることができれば日々の仕事の忙しさからはある程度解放されます。ただ、組織をまとめる責任のある立場になるので、そうした意味でのプレッシャーは大きくなると言えるでしょう。

損害保険会社の一般職ですが、こちらも基本的に仕事は多忙です。始業開始から営業先の訪問、事務作業、来客対応に追われるところも少なくありません。また、損害保険会社の一般職の仕事はほとんどが事故に関わる業務であり、事故に遭った被保険者と金銭の遣り取りについての遣り取りを行うことになります。金銭が直接関わってくるので交渉は難航しがちであり、営業先、窓口、電話口で怒鳴られることもあります。そのため、ただ単純に仕事が多忙というだけでなく、損害保険会社の一般職の仕事は精神的にもハードだと言えるでしょう。

しかし、全ての損害保険会社が激務に追われているというわけではありません。確かに、食事やトイレの時間も作れないほど忙しいというところもありますが、それほど忙しくはないというところもあります。

まず、基本的な傾向として、国内損害保険会社よりも外資系損害保険会社の方が仕事は忙しくないとされています。というのも、国内損害保険会社の場合は昔ながらの方法で顧客の元へ直接出向いて交渉を行うのに対して、外資系損害保険会社の場合は電話やインターネットを通じて顧客と交渉を行うためです。経営の合理化を図ることによって時間と経費が節約されており、それらは職場で働く従業員にも還元されています。早出や残業などをしたくないという方は外資系損害保険会社を中心として就職活動を行うといいでしょう。

また、損害保険会社でも派遣、アルバイト、パートなどの非正規雇用の場合、収入が低い代わりに課せられる責任も少ないため、複雑な交渉や対応に当たることはほとんどなく、正社員のサポートに徹することができるので仕事の負担は比較的少ないです。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.