高給の損害保険会社の求人

損害保険会社転職TOP >> 条件別の求人 >> 高給の損害保険会社の求人

高給の損害保険会社の求人

損害保険会社の平均年収は、他業種に比べると高く推移していることがわかります。さらに福利厚生や各手当、休暇面でも充実しているため、人気のある職種となっています。保険会社によって、多少の待遇や給与の違いはありますが、それほど大きな差ではないようです。保険会社の中でも、全国各地への転勤が必要とされる全国型であれば、転勤がない地域型に比べると、年収には大きな差が生じます。また各部門によっても、年収は異なります。損害保険会社で、高収入を得るために必要とされるスキルや経験はどのようなものがあるでしょうか。

保険会社と言えば、やはりすぐにイメージするのは営業職でしょう。個人や法人を担当する営業職は、契約数などの営業成績がインセンティブとして直接給与に影響する職種となっています。また月間、年間予算が決められているため、常にノルマを意識して仕事をするストレスも少なくありません。ただ自分の努力次第という面も強く、契約数を獲得することができれば、給与もかなりの高収入を期待できます。ここ数年間の営業職の平均年収は約870万円、大手保険会社の営業になると年収1000万円以上という調査結果もあります。営業職は外回りなど体力勝負ともいえる部分がありますが、収入面もかなり高い傾向にあります。メンタル面でも強靭であることが、営業職では必要となるでしょう。

そして最も高収入となるのは、総合職と呼ばれる職種です。基本的には将来の幹部となる幹部候補生を総合職として採用するため、高学歴であることが必要です。損害保険会社の中でも総合職は人気の職種であるため、応募者は多いですが、採用されるのは東京六大学卒業者などの学歴です。近年では、高卒や短大卒などからも採用し学歴重視の傾向が徐々に弱くなっています。総合職は一般職に比べると給与が高く、20代でも600万円以上、30代で1000万円以上が可能です。

部長クラスになると年収2000万円以上という高年収も不可能ではありません。最近では、国内だけではなく海外市場を開拓する動きが損害保険業界に見られています。海外での業務立ち上げなどに関わるならば、高収入・厚待遇が保証されています。もちろん、そのためには英語力や管理能力などの高いスキル、総合力がもとめられます。

一般的な企業に勤めるサラリーマンの平均年収は約500万円前後とされています。この点を考えると、損害保険会社で勤務する年収が非常に高いことがわかります。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.