外資系企業の損害保険会社の求人

損害保険会社転職TOP >> 条件別の求人 >> 外資系企業の損害保険会社の求人

外資系企業の損害保険会社の求人

日本で営業している損害保険会社は国内損害保険会社と外資系損害保険会社の二種類に分けられます。外資系損害保険会社は1946年、AIGグループのAIU保険会社が日本で営業を開始したのが始まりです。しかし、外資系損害保険会社の存在が一般に知られるようになったのは1997年の金融自由化を受けて損害保険会社と通販型自動車保険が直接契約できるようになり、リスク細分型自動車保険が誕生してからとされています。当時のAIU保険会社はオリジナリティ溢れるコマーシャルで一気に認知度を広め、それ以降、さまざまな外資系損害保険会社が日本の保険市場に参入してくることになりました。そして、外資系損害保険会社に多い通販型自動車保険はコストが安く、利便性が高く、また、近年のインターネット環境の整備の充実を受けて、年々シェアを拡大しています。

通常、国内の保険会社は損害保険会社であろうと生命保険会社であろうと、代理店の担当者が顧客と直接顔を合わせて交渉を行い、契約を集めてくることになります。一方、外資系保険会社の営業のほとんどはテレビのコマーシャル、及び、新聞をはじめとする雑誌媒体での広告によって行われており、顧客の自宅や事業所まで足を運ぶ必要はありません。顧客とのやり取りはインターネットや電話を通じて行われ、契約の締結まで顔を合わせないことが多いです。人件費の削減による保険料の低価格化、契約のスピーディーさが大きなメリットとなっています。そのため、外資系損害保険会社においては営業力や交渉力も必要ですが、それらと同じくらい電話口での対応力も求められます。外資系損害保険会社はよく保険金の査定が杓子定規、接客対応がドライであると言われますが、実際の職場では顧客のさまざまなニーズやクレームに迅速かつ丁寧に対応することができるコミュニケーションスキルが必要です。コールセンターなどで働いた経験のある方はその技術と知識を如何なく発揮することができると言えるでしょう。その他、保険業、営業、接客業などの経験を持つ方は歓迎される傾向にあります。

外資系損害保険会社は国内損害保険会社と同様、収入面での待遇が恵まれています。正社員では初任給が20万円程度のところが多く、非正規雇用のテレフォンアポインターやテレフォンマーケティングでも時給が1,000円を超えているところがほとんどとなっています。男性でも女性でも長く働き続けることができる職場環境だと言えるでしょう。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.