総合職の損害保険会社の求人

損害保険会社転職TOP >> 条件別の求人 >> 総合職の損害保険会社の求人

総合職の損害保険会社の求人

損害保険会社の職種の内、特に人気が高いのが総合職です。総合職に採用されるのは将来会社の幹部となる幹部候補生であり、周囲の期待を背負い、責任ある立場で仕事をすることができます。また、総合職は一般職と比べると給料が高く、20代で600万円以上、30代で1000万円以上の年収に達している方も少なくありません。損害保険会社の仕事についてはよく知らないものの、待遇に惹かれて求人に応募をする新卒者や転職者は数多く見られます。

通常、損害保険会社の総合職の求人は新卒採用となります。応募者は大勢いますが、実際に採用を勝ち取るのは東京六大学をはじめとする高ランクの大学の卒業生が大多数です。しかし、中堅の損害保険会社などでは学歴不問を謳っているところも多く、近年では企業全体で学歴主義の見直しが図られていることもあり、高卒や短大卒からの採用も見られるようになってきています。

損害保険会社の総合職の求人はキャリアアップを前提としているので新卒採用が多いですが、中途採用も増えてきています。総合職の仕事には幅広い視野、豊富な知識が必要となるため、前職で培った知識も重要なアピールポイントとなります。なお、損害保険会社の総合職には男性が多いですが、女性でも採用されないというわけではありません。競争が激しい実力主義の世界なので、自分のスキルに自信があり、かつ、キャリアアップを目指す女性は積極的に求人に応募するといいでしょう。

損害保険会社の総合職では本部や支部でしばらく経験を積んだ後、営業部門や事故受付部門など、さまざまな部門を渡り歩くことになります。部門の仕事と性質を知り、将来の会社運営に活かすためです。そのため、積極的に知識を得ようとする知識欲が強い方が求められる傾向にあります。

損害保険会社の総合職は異動だけでなく、転勤も多いです。転勤の情報は求人広告にも記載されています。なお、転勤のタイプは全国転勤型、地方転勤型の二種類があり、前者では北海道から沖縄、果ては海外まで広範囲に渡る地域で転勤があり、後者では関東地方や関西地方などごく限られた地域で転勤があります。その他、損害保険会社の総合職でも基本的に転勤がない内勤型もあります。転勤による環境の変化はストレスに繋がりやすいですが、損害保険会社では社宅制度が充実しているところも多いです。また、基本的に転勤が多い方が出世への道は開けています。全国転勤型や地方転勤型は将来的には会社の幹部に、内勤型は事務系の管理職となることが多いです。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.