50代向けの損害保険会社の求人

損害保険会社転職TOP >> 条件別の求人 >> 50代向けの損害保険会社の求人

50代向けの損害保険会社の求人

他の業種同様に、損害保険会社でも転職の割合が多いのは20代後半から30代後半にかけてです。しかし雇用の流動化に伴い、50代であっても転職は不可能ではありません。ただ求人数は、若年層に比べるとかなり少ないことは覚悟しておくべきです。背景には損保業界で進む経費削減や人件費削減などがあります。40代から50代にかけては保険会社の中でも高給である総合職であったり、何らかの役職に就いていることも多くあります。そのため、会社側としてはなるべく高給になる人材を削減し、経費を削減したいと考えています。転職時には前職と同程度の給与や待遇が望めない恐れもあります。

損害保険会社が50代の転職に求めることは、経験と知識です。体力や気力で仕事をバリバリすることを求めてはいません。転職時の面接などでは、これまでの実績や業務内容などを伝えて、自分の能力を正しく評価してもらうことが重要です。また自分の持つ経験や知識、能力を今後どのように活かしていくことを考えているのかを、明快に伝える事もプラス評価につながるでしょう。

損害保険会社において経験を重視した求人に専門職があります。専門職は主に人身事故を担当するプロで、あらゆる人身事故に関わることになります。そのため保険や法律に関わる知識を必要とされることが多々あり、これまでに同職種や関連のある職種での経験や実績がある場合には優遇されることもあります。顧客との示談交渉やチームリーダーとして部下をまとめる必要もあるので、コミュニケーション能力やマネジメントスキルも大切になります。専門職でも転職の中心は30代や40代ですが、これまでの経験や能力を上手にアピールすることで、転職を成功させることができます。

専門職以外には、物損事故を担当する技術アジャスターも積極的に50代での転職者を採用している傾向があります。物損事故なので、担当業務の半分以上は自動車事故となります。前職が保険業界であることや、自動車業界での経験があり自動車知識が豊富であれば優遇される可能性があります。また難関とされているアジャスター2級習得者であれば、有利になります。2級取得には最低でも7年は必要とされているので、転職者が多い20代、30代での取得者は非常に少ないでしょう。若年層にはない資格があれば、差別化を図ることができ、強みになります。

50代での転職を希望する際には、自分が持つ経験や知識、能力、資格などでアピールできるポイントがあるかを確認するようにしましょう。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.