40代向けの損害保険会社の求人

損害保険会社転職TOP >> 条件別の求人 >> 40代向けの損害保険会社の求人

40代向けの損害保険会社の求人

近年では雇用の流動化が進んでいます。その傾向は特に20代や30代の若年層の間で顕著ですが、40代からも転職を志す方は増加中です。通常、40代からの転職となるとキャリア形成というより、即戦力としての期待を受けての雇用となります。

損害保険会社で経験重視の採用を行っているのが専門職です。専門職とは人身事故における示談交渉のエキスパートであり、さまざまな顧客と案件に対応していくことになります。知識が必要というのはもちろん、直接金銭が関わってくるデリケートな仕事内容なのでコミュニケーションスキルも必須です。また、事故受付部門の人身事故チームにおけるリーダーとして部下をまとめたり、部下のやる気を上げたりすることもあるので、個人の交渉力だけでなく集団における統率力も必要となってきます。そのため、損害保険会社の専門職は経験豊富な人材が好まれる傾向にあり、求人のほとんどが中途採用によるものです。割合としては20代後半から30代後半にかけての応募が多いですが、40代でも人物、能力、実績に応じて採用を勝ち取ることは十分可能です。また、採用対象はある程度の勤務歴があり、保険業界やその他の業界で示談交渉に携わってきた方が積極的に採用されています。特に、前職で保険や法律に関わる仕事をしていた方はその経験が強力なアピールポイントとなります。なお、示談交渉のために交通事故当事者の自宅を伺うこともあり、安全上の理由から、原則的として男性だけが採用されます。

損害保険会社には技術アジャスターという職種があります。こちらも専門職と同じく基本的に経験者採用となるため、40代からでも転職可能です。なお、人身事故のエキスパートである専門職に対して、技術アジャスターは主に物損事故について対応していくことになります。物損事故の約8割は自動車によるものであり、技術アジャスターには保険や法律の知識の他、自動車の知識も求められることになります。そのため、自動車会社から損害保険会社の技術アジャスターへ転職する方も多く見られます。なお、法律関係上、物損事故の示談交渉は損害保険会社とは別の第三者が行う必要があるため、技術アジャスターは損害保険会社に直接雇用はされず、系列にある損害保険調査会社などに雇用される形になります。しかし、待遇自体は損害保険会社に所属する正社員と同等です。専門職も技術アジャスターも給料は高く、初任給で年収は500万円以上、課長クラスになると1000万円以上に達することも珍しくありません。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.