30代向けの損害保険会社の求人

損害保険会社転職TOP >> 条件別の求人 >> 30代向けの損害保険会社の求人

30代向けの損害保険会社の求人

金融業に属する損害保険会社は金回りが良いので給料が高く、30代になってから転職を志す方も多く見られます。損害保険会社の採用職種には将来の幹部となる総合職、一般の事務や営業を担当する一般職、専門性の高い仕事を担当する専門職と技術アジャスターなどがあります。

まず、総合職の場合はキャリアアップを念頭に置いた選考と採用になるため、20代と比較すると30代からの就職は若干不利となります。しかし、損害保険会社の総合職の求人は対象年齢を30代半ば程度に設定しているところが多く、応募の段階で除外されるということはありません。30代から損害保険会社の総合職に就職し、会社を引っ張っている方も多く見られます。特に、前職で総務関係の仕事をしていた方は優遇されるので、興味がある方は積極的に求人に応募してみるといいでしょう。また、総合職ではさまざまな視点から物事を見ることができる広範な視野も必要となってくるため、他業種からの転職でも前職で培った経験や実績は十分に考慮されます。

一般職の場合、20代や30代や40代などの幅広い年齢層の方々が在籍しており、求人も年齢、性別、学歴、職歴などを不問としているところが多いです。そのため、就業経験が全くないという方でも、実力次第で採用を勝ち取ることができます。なお、事務系の仕事の求人ではデスクワークが中心になってくるため、パソコンスキルや簿記資格があると有利です。その他、窓口対応や電話対応を行うこともあるため、コミュニケーションスキルも求められます。接客業やサービス業の経験がある方は履歴書や面接において、その時の知識と経験をアピールするといいでしょう。また、営業系の仕事の求人には前職での営業経験があると採用されやすいです。営業系の仕事は特に仕事が忙しくノルマも厳しいところが多いので、根気や忍耐力をアピールすることも重要です。

専門職や技術アジャスターの場合、20代であれば未経験からの採用も多いですが、30代からとなると基本的には即戦力として期待されることになります。そのため、前職での経験が必要となることが多いです。しかし、損害保険会社での職務経験が必須というわけではなく、専門職は主に人身事故を、技術アジャスターは主に物損事故を担当することになるため、これらに関係する職場であれば他業種からでも転勤することができます。具体的には、法律関係、自動車関係の職場などです。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.