第二新卒の損害保険会社の求人

損害保険会社転職TOP >> 条件別の求人 >> 第二新卒の損害保険会社の求人

第二新卒の損害保険会社の求人

第二新卒とは新卒で就職したものの、短期で退職してしまった求職者のことです。近年では若い離職者が増加傾向にあり、第二新卒として職を探している方も多く見られます。統計によると、30パーセントから40パーセントの大卒者、または大学院卒者が3年以内に退職をしているとされています。そのため、かつては第二新卒というと忍耐力がないといったマイナスイメージを持たれがちでしたが、社会情勢の変化に伴って企業側の意識も変わりつつあります。

損害保険会社では派遣、アルバイト、パートなどの非正規雇用を除き、積極的に新卒採用を行っています。特に、将来の幹部候補生となる総合職は基本的に新卒採用であり、実際に採用を勝ち取るのも東大をはじめとする高ランクの大学の卒業生が多い傾向にあります。しかし、第二新卒であれば新卒と同様の条件で応募が可能な求人も多いです。第二新卒はキャリアは浅いもののビジネスマナーはある程度身につけている方が多く、損害保険会社としても新卒と比べて人材育成の効率化を図ることができます。また、損害保険会社や生命保険会社などの保険会社は学生の頃に関わり合いになることが少なく、ただ単に収入面での待遇が良いというイメージで就職を希望する方が多いですが、金銭の遣り取りが絡んでくるので体力的にも精神的にも大変な仕事です。現場での仕事の忙しさや責任の重さに耐え切れずに職を辞する方は少なくありません。しかし、新卒と比べると第二新卒は少ないながら社会経験があるため、自分の職業意識や会社への帰属意識が形成されている傾向にあります。また、新卒で採用を受けた就職先を退職しているという事情もあり、第二新卒で採用を受けた就職先も早々と退職するという方は滅多にいません。短期間に退職歴が重なることは履歴書に傷をつけることになるからです。こうした背景から、損害保険会社にとっても第二新卒を採用するメリットは大きいと言えます。

また、大手の損害保険会社より、中堅の損害保険会社の方が第二新卒の採用を勝ち取りやすいとされています。これはどのような業界においても同様です。新卒採用のためにはメディアの掲載料、パンフレットやホームページの制作費、会社説明会などのさまざまなコストがかかります。中堅の損害保険会社は大手と比べると新卒採用に投じることができるコストが少なく、新卒採用も少ないため、ほとんど新卒と変わらない第二新卒の採用には大きなメリットがあるのです。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.