20代向けの損害保険会社の求人

損害保険会社転職TOP >> 条件別の求人 >> 20代向けの損害保険会社の求人

20代向けの損害保険会社の求人

20代というとキャリアを積むに当たって最適な年齢です。経験者採用を除くあらゆる求人募集に応募することができ、自らの希望と条件を照らし合わせて選択を行うことができます。

損害保険会社では主に総合職と一般職が20代向けの求人となります。損害保険会社の事務系の一般職はほとんど女性社員によって構成されており、新卒として就職する女性も多いです。損害保険会社は転勤が多いですが、原則的に事務系の一般職は転勤がないので女性でも働きやすい職場環境だと言えるでしょう。しかし、希望すれば転勤が可能な場合もあります。なお、人身事故のエキスパートである専門職、物損事故のエキスパートである技術アジャスターでは資格や経験を持つ方が優遇されるのが一般的ですが、人材育成の観点から未経験者の求人も多く見られます。その他、20代では派遣やアルバイトやパートなどの非正規雇用の求人にももちろん応募することが可能です。

20代の求人でも、新卒者、第二新卒者、既卒者で求人募集の内容は異なってきます。損害保険会社の将来の幹部となる総合職の場合、キャリアアップに重点が置かれているので新卒者が積極的に採用されます。特に、大手の損害保険会社ではその傾向が顕著です。また、実際に採用となるのも東大や早稲田や慶応などの高ランクの大学の卒業生が多くなっています。ただし、大学を卒業して間もない第二新卒者は新卒と同様の条件で求人を出しているところも多いです。近年では新卒として採用された会社を若くして辞する方が増えてきているため、企業側も優秀な人材を確保するために第二新卒者にも目を向け始めています。

ただし、卒業までに何処の会社の就職も決められなかった既卒者の場合、人格や能力に問題があると見なされることもあります。学校の卒業から3年以内の方は新卒と同様の扱いを受けることができるとされていますが、人事担当者が新卒者と既卒者を同様に見てくれるとは限らないのです。新卒者や第二新卒者と比べると既卒者は就職活動において不利になるため、より一層の努力が必要になってくると言えるでしょう。しかし、既卒者でも損害保険会社の採用を勝ち取っている方は多いので、それほどネガティブになる必要はありません。特に、中堅の損害保険会社は学力や職歴よりも人物を重視している傾向にあります。なお、既卒者でも健康上の理由や家庭の事情などで就職が決まらなかったなど、何らかの正当な理由がある場合はそちらが考慮されることもあります。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.