損害保険会社の転職の基礎

損害保険会社転職TOP >> 転職の基礎 >> 損害保険会社の仕事内容

損害保険会社の転職の基礎

損害保険会社の仕事内容として代表的なものが営業です。損害保険会社の営業は個人営業と法人営業の二種類に大別されます。個人営業では個人客に対して住宅保険、自動車保険、生命保険などの商品の提案と販売を行います。法人営業では担当する企業、及び、その関連企業に対して保険の提案と販売を行っており、取り扱う保険は企業で働く従業員の傷害保険や福利厚生に関わる保険の他、企業の社屋や工場などの施設に関わる保険など多岐に渡ります。対象となる企業は全ての業種と業界に及び、損害保険会社はあらゆる分野で活躍する企業のリスク管理を行う存在です。法人営業では年間保険料が数百億円に上ることもあります。なお、営業では代理店の契約審査、販売促進、営業サポートなども併せて行っていきます。営業サポートとは代理店の営業担当へ助言、指導を行う仕事のことです。その他、資産運用、財務企画、リスク管理などの仕事も取り扱います。機関投資家として、株式だけでなく投資ファンドの選定や組み合わせを通じた資産運用の方法、資産運用におけるリスクの発見と軽減と回避のための提案などを行うものです。

損害保険会社の主な仕事の一つが企画開発です。損害保険会社の企画では住宅保険や自動車保険などの新しい商品の企画開発を行っていきます。しかし、パッケージ化できる汎用性の高い商品はほとんどなく、基本的には個々の依頼主に適したオーダーメイドの商品を作っていくことになります。例えば、このようなリスクをカバーしたいといった要望を受けたとすれば、事故の発生確率や発生する損害額などを調査し、検討を行った上で商品を作り上げていくという流れです。また、損害保険会社の新商品の企画開発に当たっては監督官庁の許可申請を受ける必要があり、この手続きも業務内容に含まれます。

損害保険会社の事務の主な仕事は、保険の申し込み内容をパソコンに登録する作業などのデスクワークです。その他、代理店や来店客からの問い合わせへの対応なども併せて行っていきます。また、代理店向けの勉強会の準備と実施を行うこともあります。基本的には事務所内での作業となりますが、代理店の担当者と話をする機会も多いため、コミュニケーションスキルも求められます。

その他、他業種にも共通する仕事内容として、総務や人事が挙げられます。総務は庶務、法務、経営管理などを手がける仕事であり、人事は採用をはじめとして、人材育成、人事評価、人事制度の策定と実施などを行う仕事です。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.