損害保険会社に多いストレス

損害保険会社転職TOP >> 繁忙期 >> 損害保険会社に多いストレス

損害保険会社に多いストレス

損害保険会社の待遇がよく、離職率が低いとされています。給与額も比較的に高額になる傾向があります。一般社員であっても、年収800万円程度、課長や部長といった役職に就くならば、年収1000万円もしくはそれ以上も可能とされています。休暇に関しても、有給休暇を含めて、指定休暇や夏季休暇などもあり、プライベートのための時間もしっかりと取り分けることができます。住宅手当や通勤手当、時間外手当など各手当も充実しているのが損害保険業界の特徴です。

給与や待遇が良いので、他業種へ転職しようとする人はそれほど多くありませんが、損害保険会社ならではの、様々なストレスもあります。損害保険会社では大きく分けると、営業部門と事故受付部門に分かれています。それぞれの部門の業務内容は異なりますが、部門ならではのストレスもあるようです。

営業部門でのストレスの原因として多いのは、収保向上です。収保とは、お客様から頂く保険料の事を指して使われます。つまり収保向上とは売上を上げることです。営業なので、当たり前といえばそうですが、各営業担当者に対する年間予算、月間予算があり、予算達成に向けて営業をしなければいけません。月間でも年間でもノルマがあるということです。そのために解約数を減らし、新規契約数を増やしていかなければいけません。簡単に聞こえますが、損害保険に加入することを考えている人の殆どは、すでに加入済みです。現在の保険会社を解約して新たに契約をしてもらうのは、そう簡単な事ではありません。それでも毎月の目標とする予算があるので、何としてでも達成しなければいけません。そこからくるプレッシャーからストレスを抱えることが多くなります。

もう一つの部門は事故受付部門です。保険会社によっては、損害サービス部門とも呼ばれています。実際に事故が発生して、当事者からの電話受付から始まり、保険金支払いまでを担当するのが主な業務内容です。事故直後はお客様も気が動転していたり、興奮状態にあるため、全体の様子を聞くことも難しい事があります。また金銭が関係するため、感情的になるお客様もいます。毎日、事故対応に追われていることで精神的に追い詰められてしまい、辞めてしまう社員も比較的多くいます。

収入面や待遇面では恵まれている損害保険会社ですが、実際の業務内容はどの部門にもストレスを伴うようです。冷静さや周りの人や状況に影響されずに気持ちを切り替えることができる人であれば、上手にストレスに対処することができるでしょう。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.