損害保険会社の年収・給料相場

損害保険会社転職TOP >> 転職の基礎 >> 損害保険会社の年収・給料相場

損害保険会社の年収・給料相場

年収や給料相場は就職や転職において大きなウェイトを占める要素です。損害保険会社でも他業種と同様、担当部署や就業形態によって年収と給料相場は変わってきます。しかし、損害保険業界は金融業界の一種なので金回りが良く、給与水準は他業種と比べると高めに設定されている傾向にあります。

損害保険会社で最も年収と給料相場が高いのは総合職です。総合職として採用されるのは会社の将来を担う幹部候補生であり、初任給は350万円から400万円程度に設定されています。初任給の手取りは20万円程度です。なお、昇給は年に1回か2回ほど行われ、月給が1万円から2万円程度アップしていきます。また、損害保険会社の総合職はランクが上がると年収額も800万円から1000万円くらいに跳ね上がり、更に管理職になると課長代理クラスで1000万程度、課長クラスで1200万円から1500万円程度、部長クラスで2000万円程度になります。

総合職に次いで年収と給料相場が高いのが専門職です。損害保険会社の専門職は通常、20代後半以降の中途採用となるため、初任給も500万円程度と高めになります。また、課長クラスになると年収額は1000万円程度まで上がります。なお、総合職でも専門職でも管理職になると給料は年棒制になります。

損害保険会社の営業や事務など、一般職は仕事が忙しいことでよく知られています。しかし、損害保険会社の一般職の年収と給料相場は同じ金融業界に属する銀行などと比べると若干低めであり、初任給は300万円程度です。通常、昇給は年に1回行われ、月給が5000円から7000円程度アップしていきます。また、損害保険会社の一般職はボーナスが比較的多いというのが特徴です。なお、近年では損害保険会社の一般職の待遇改善の兆しがあり、年収や給料相場が少しずつ上がってきている傾向にあります。

損害保険会社のパート、アルバイト、派遣社員の給料についてですが、他業種と比べると平均より若干高めの水準となっています。また、損害保険会社は待遇や研修が充実しているため、非正規雇用で働きたいと考えている方にとってメリットが大きい職場と言えるでしょう。損害保険会社のパート、アルバイト、派遣社員の給料は求人情報誌や求人情報サイトですぐに確認することができます。

なお、上述した損害保険会社の年収と給料相場はあくまでモデルであり、会社の方針や景気の状況などによって違いが生じてきます。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.