損害保険会社の転職と面接対策

損害保険会社転職TOP >> 転職の基礎 >> 損害保険会社の転職と英語力

損害保険会社の転職と英語力

損害保険会社へ転職するに当たって、英語のスキルは必須条件というわけではありません。しかし、他業種と同様、損害保険業界でも英語力が高い人間は重宝される傾向にあります。そして、その傾向は近年では益々顕著になりつつあります。英語の資格を持っていたり、留学の経験があったりすると採用も勝ち取りやすいです。

損害保険会社の基本的な仕事とは、保険の企画と開発を行い、顧客への提案と販売を行うことです。顧客には個人と法人があり、あらゆる業種、あらゆる業界で働く人々を対象としています。国内だけではなく、海外で働く人々も同様です。リーマンショックに端を発する金融危機により、最終赤字になる損害保険会社が続出しました。また、自動車の販売不振を受けて自動車保険の業績が悪化し、2010年には今後の成長を目指して大型再編が相次いでいます。景気の悪化、規制の緩和、業界の構造の変化などの影響により、損害保険業界の競争は激しさを増すばかりです。損害保険会社も代理店も国内の顧客を奪い合うだけでは経営が成り立たなくなっているため、欧米諸国の大手保険会社と渡り合うためには海外市場に進出する必要があると考えられています。海外旅行保険などにより、海外拠点を多く持っていた損害保険会社は現地契約の獲得に精力的です。また、海外市場の内、特にアジア市場は重要なマーケットだと目されています。アジア市場に進出して得意先である日系企業の海外進出をフォローするという役割を担うことができれば、大きな利益を上げることが可能になるためです。

従来通りの営業形態では利益を上げられなくなってきているため、損害保険会社は生き残りをかけて競争力の獲得に注力しています。競争力として代表的なものが英語力です。英語力があればマーケットを国内から海外まで広げることができ、上述したような海外市場の競争に参加することができるようになります。

こうした危機感が損害保険業界全体に生まれているため、それぞれの損害保険会社では社員の英語力の育成に力を入れて取り組んでいます。損害保険会社への転職においても、英語力は非常に重要です。しかし、面接や履歴書を作成する際、ただ英語が得意なので損害保険業界を志望したとなると志望動機としては弱いため、損害保険業界の現在と将来を見据えた上で自身の持つ英語力でどのような形で会社に貢献することができるのか、明確なビジョンを持って説明することが求められます。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.