損害保険会社の繁忙期

損害保険会社転職TOP >> 繁忙期 >> 損害保険会社の仕事内容

損害保険会社の繁忙期

サラリーマンの平均年収は約500〜550万円程度でこの数年は推移しています。損害保険会社に勤めているサラリーマンの平均年収はそれを上回り、役職などに昇進できれば年収1000万円以上も可能とされています。福利厚生などの待遇が良いことなどもあり、損害保険会社への就職・転職を考えている人も増加傾向にあります。収入が良い事を考えると、残業が多かったり、休日が取りづらかったりする企業も多くありますが、損害保険会社ではどうでしょうか。

配属される部門や就職する企業により多少の違いはありますが、一般的に損保業界では土日もしっかりと休みを取ることができ、プライベートを充実させることができると感じる社員が多くいます。仕事やノルマをしっかりと達成できていれば、好きな時期に休みを申請することも可能です。平均すると年間130日以上の休暇が取得可能な制度が整っています。

では損害保険会社などで繁忙期となるのはいつごろでしょうか。やはり決算期となる月には営業・事務共に忙しくなる傾向があります。通常の月には残業も殆どなく、定時に終業することができるような状況でも、こうした決算月には事情が異なります。企業によっては、繁忙期には残業時間が70時間を超えることもあるようです。もちろん、時間外手当などの手当てがしっかりとしているのも、損害保険会社の特徴の一つともなっているので、収入面はかなり高くなるでしょう。繁忙期であっても、休日出勤することは基本的にないので、休みにはしっかりと体を休める事ができます。

また各保険会社によって、キャンペーン月とされる時期には各社員は大変忙しくなります。顧客にとっては、通常月でもキャンペーン月でもそれほど大きな違いはありませんが、営業担当者などにとっては、重要とされています。その月の契約件数によって収入面にも直結するため、いつもよりも忙しく営業や準備に追われるようです。通常月であっても、各営業担当者には月間予算が決められています。つまり月のノルマがあるので、そのノルマを達成するためには月中旬から月末にかけては忙しくなる傾向もあります。ノルマをしっかりと達成することが出来ていれば、月末に忙しくなるということもないようです。

損害保険会社の社員は、お客様や代理店のやり取りで毎日忙しいのが事実ですが、その中でノルマを達成できたり、感謝の言葉を掛けられた時には、やりがいを感じることが多いでしょう。忙しいだけではなく、満足感のある業務に関わることができます。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.