損害保険会社のボーナス

損害保険会社転職TOP >> 転職の基礎 >> 損害保険会社のボーナス

損害保険会社のボーナス

ボーナスは定期給与とは別に支払われる特別配当のことです。ボーナスは日本においては夏と冬の年に2回実施しているところが多いですが、年に3回、または、年に1回実施しているところもあります。その他、基本的に実施していないところもあります。ボーナスを支払う回数は企業によってさまざまです。

ボーナスの金額も年代、学歴、業種、企業規模などによって細かく変わってきます。定期給与と比べると、ボーナスは金額の上がり下がりが多く、幅も大きいのが特徴です。しかし、日本は年功序列型の給与体系を持っているため、基本的にはボーナスの支給額は勤続年数に応じて上がっていく傾向にあります。損害保険会社は収入の他、ボーナスも他の業界と比べると高い水準となっているのが特徴です。また、大手の損害保険会社ではボーナスを年に3回実施するのが当たり前とされています。一般的に損害保険会社は仕事が忙しく転勤も多い傾向にありますが、収入面で恵まれているのでモチベーションは保ち易いと言えるでしょう。

20代ではボーナスも少なく、平均して年間で30万円程度となっています。また、勤続年数の短さから、20代前半では大卒、大学院卒よりも高卒、短大卒の方が金額が高くなります。学歴がボーナスに反映されるのは20代後半以降です。30代になるとボーナスの金額も増えていきます。特に大学、大学院卒のボーナスは上がり幅が大きく、20代前半と比べると2倍から3倍まで増加します。30代後半になると、ボーナスが年間で100万円を超える方も多くなります。

40代ではボーナスは全体の平均金額が年間で100万円を突破しています。なお、40代においても大卒、大学院卒のボーナスは上がり幅が大きく、平均値の底上げの要因となっています。なお、40代になると、業種、企業規模によるボーナスの金額の開きがかなり大きくなってきます。損害保険会社では定年まで勤め上げる方は多くありませんが、長期に渡って会社に貢献し続けることで相応の対価を得ることができます。また、50年代、60年代は最もボーナスの金額が高くなり、これくらいの年代になると大卒、大学院卒、高卒、短大卒など、学歴による金額の開きも小さくなってくるのが特徴です。

ボーナスの使い道についてですが、1位は貯金、2位は家電の購入、3位は住宅ローンの返済となっています。貯金志向が高まっていることもあり、ボーナスも計画的に運用しようと考えている方が多いです。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.