損害保険会社の適性

損害保険会社転職TOP >> 適性 >> 損害保険会社の仕事内容

損害保険会社の適性

損害保険会社で勤務する社員の殆どは一般職と呼ばれる業務に携わります。一般職にも営業系と事務系があります。営業系の部署で勤務する場合、個人客や法人、企業などを相手に各保険商品を提案し販売することが主な業務内容となります。一方で事務系の部署では、保険の申込内容などをパソコンで登録するデスクワークが中心になります。また全国各地にある保険代理店の担当者からの電話やメールでの質問等にも、応対することが必要になります。

どんな職業にも向き不向きがあるように、こうした損害保険会社の業務に適しているのはどんな人でしょうか。まず営業職から考えてみましょう。営業をしている人のイメージとして、まず話し上手、外交的、積極的などが思い浮かびます。しかし実際の損害保険会社の営業で必要とされるのは、お客様の話によく耳を傾けること、自分の成績や業績ではなくお客様の最大のメリットを考えている事を示す誠実さです。営業ではただ単に、自社の保険商品を言葉巧みに説明して加入させるという訳ではありません。

お客様の状況や必要が一人一人異なるため、提供するべき保険商品やプランなども一人一人異なります。そのため、しっかりと話を聞いて、疑問や要望、不満などを理解したうえで最適の保険商品を提案することが求められます。また定期的に開かれている勉強会や研修会などに参加して、常に新しい保険商品について勉強することが必要です。もちろん仕事以外の時間を使って、勉強することも求められます。極度に勉強嫌いでは他の職業同様、損害保険会社の営業職も難しいでしょう。

事務職でも同様に、日々勉強する意志と決意のある人が向いています。損害保険業界では特有の知識が必要とされます。お客様や代理店への応対の際には、そうした難しい専門用語についてもわかりやすく説明し、相手に理解してもらうことも求められます。高いコミュニケーション能力も必要とされるのが保険会社の事務職です。また損害保険に関わる、基礎単位、火災保険単位、自動車保険単位などの資格取得も必須となります。就職・転職後に取得も可能です。また事務処理には欠かせないExcelやWordなどのオフィス系ソフトを使いこなせるスキルがあることは必須となります。集計や関数などの知識もあればさらにベターとされています。デスクワークが得意な人には適した業種でしょう。

このように損害保険会社では、誠実さ、コミュニケーション能力、責任感、順応性などの面でバランスの取れている人材が必要とされています。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.