損害保険会社に強い転職エージェントランキング

損害保険会社への転職の近道

他業種でも営業職の経験者であれば損害保険会社への転職もひとつの選択肢になるでしょう。基本的には成果主義の給与体系が多い業界です。働き方によっては大いにキャリアアップの道も開かれていると言えます。

損害保険会社の求人を探すなら、やはり転職エージェントが有力です。例えばリクルートエージェントなら、一般には公開されていない好条件の非公開求人を保有していますし、親切なサポート体制も転職活動の心強い味方になってくれます。

損害保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントは就職情報サイトや転職情報サイトで有名なリクルートの人材紹介サイトです。創業開始から約40年に渡って企業採用課題を解決してきた経験と実績を擁しており、利用者は各業界や企業情報に精通したプロフェッショナルによるサポートを受けることができます。また、リクルートエージェントは豊富なリソースと独自のネットワークを持っているため、非公開求人や独占求人の数も多いです。損害保険会社の求人情報も他の転職エージェントにはないものが数多く掲載されています。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントは転職成功実績多数の人材紹介サイトです。これまで、約30万人の利用者が転職やキャリアアップに成功しています。また、専任のアドバイザーが転職を希望する企業とのやり取りを代行してくれるため、転職の経験がない方でも安心です。転職イベントやセミナーも定期的に実施しており、そちらには損害保険会社をはじめとする金融会社も数多く参加しています。


ビズリーチ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
ビズリーチは国内最大級の人材紹介サイトです。有料会員制なので提供するサービスは非常に質が高く、高収入、高待遇の求人情報が多数掲載されています。ヘッドハンターが利用者を直接スカウトする方式を採用しており、利用者はヘッドハンターとのコミュニケーションを通じてキャリアパスを見詰め直すことができます。なお、ビズリーチは特に、管理職、専門職、グローバル人材に特化しており、損害保険会社の総合職、専門職、技術アジャスターの豊富な採用実績を持っています。


損害保険会社の人材マーケットは?

損害保険会社の業務内容は多岐に渡り、職種もさまざまです。職種によって適性が異なってくるため、採用の傾向も異なってきます。

損害保険会社の総合職は将来の幹部候補生です。キャリアアップのために20代を中心とする若年層が多く採用されているため、新卒採用が積極的に行われています。しかし、30代で中途採用される方もいれば、40代で採用を勝ち取る方もいます。企業によって採用基準が大きく異なるのが特徴です。また、組織の幹部は組織の構造を詳しく知っておかなければならないため、総合職ではさまざまな部署を渡り歩き、深い知識と広い視野を身につけるというのが損害保険業界の一般的な慣わしとなっています。そのため、原則的には転居をともなう転勤が可能な方が採用されることになります。なお、転勤は国内から海外に及ぶものもあれば、関東や関西などの地方に限っているものもあります。また、完全に転勤がない総合職もあり、内勤型は将来的に事務系の管理職に就く場合が多いです。

損害保険会社の一般職は大きく分けると営業系と事務系に分かれます。営業系一般職の仕事は個人や法人を対象とした保険商品の売り込みです。事務系一般職の仕事は専門端末による保険契約の計上や清算などのデスクワークが中心となります。損害保険会社の一般職の求人は四年制大学の卒業者を対象としたものが多いものの、基本的に年齢、性別、国籍、業界経験の有無などによる制限は設けられていません。ただし、営業系一般職は男性が採用されやすく、事務系一般職は女性が採用されやすいという傾向はあります。

損害保険会社の中途採用においては特に、専門職と技術アジャスターの募集が多いです。専門職は人身事故のエキスパート、技術アジャスターは物損事故のエキスパートとなる職種であり、主に、一般職では対応できない複雑な示談交渉などを担当します。顧客との円滑な交渉示談の成立のためには専門的知識が必要となるため、経験者採用が多いです。しかし、経験者採用は保険業界からの転職者ばかりということはなく、法律や自動車関係など、損害保険会社との関連性が高い仕事に就いていた方も積極的に採用されています。

また、損害保険会社では正規社員の他、派遣、パート、アルバイトなどの非正規社員の募集も広く行われています・非正規社員の主な仕事は正規社員のサポートです。その他、多くの損害保険会社において障がい者採用に力を入れており、障がいを持っている方も活き活きと働ける職場環境が豊富にあります。

損害保険会社の採用職種は?

損害保険会社の幹部、及び、幹部候補生となるのが総合職です。別の職種で入社した後に総合職となる場合もありますが、基本的には初めから総合職として採用される場合が多いです。損害保険会社の総合職は各部門で行っている仕事の内容を詳しく知っておかなければならないため、若い内からさまざまな部門を渡り歩くことになります。また、損害保険会社の総合職は転勤も多く、おおむね、全国転勤型、地方転勤型、内勤型の三つに分けられます。全国転勤型は北海道から沖縄にかけての全国が転勤先の対象となり、地方転勤型では関東のみや関西のみなど転勤先が地方で限定されます。内勤型は基本的に転勤がない総合職です。なお、出世が最も早い傾向にあるのは全国転勤型であり、内勤型は将来的に事務系の管理職となることが多いです。

損害保険会社の代表的な採用職種が一般職です。一般職は営業職と事務職の二種類に大別されます。なお、事務職として採用されるのはほとんど女性であり、契約の形状、書類の管理、代理店とのやり取りなど、日常的な事務作業などを担当します。その他、交通事故や自動車事故の案件を担当することもあります。基本的に異動や転勤はないため、女性にとって働きやすい環境だと言えるでしょう。損害保険会社の一般職は新卒採用の他、中途採用も積極的に行われています。

技術アジャスターは損害保険会社の事故受付部門に属する職種であり、事故車の査定や示談交渉などを行います。一般職の直属の上司に当たり、一般職では対応できない裁判、訴訟、示談などの案件を担当します。なお、技術アジャスターは示談における第三者となるため、法律の都合上、損害保険会社ではなく系列の調査会社に就職するという形式を取ることになります。しかし、待遇自体は損害保険会社の社員と変わりません。技術アジャスターには自動車短大の学生、自動車修理工場の社員、カーディーラーなど、車の知識が豊富な方々の採用が多いです。

専門職は損害保険会社の自己受付部門に属する職種であり、一般職では対応できない人身事故などの難しい案件を担当します。技術アジャスターが物損事故を、専門職が人身事故を主導で担当するという形です。専門職も全国や地方への転職が多い傾向にあります。なお、損害保険会社の専門職はほとんど中途採用であり、他の業界で活躍していた専門的知識を持つ方々の採用が多いです。また、示談交渉のスキルも求められます。また、専門職の下位には賠償主事という職種があり、こちらは簡易な人身事故を担当します。

その他、損害保険会社では体に障害を持つ嘱託社員、非正規雇用の派遣社員、アルバイト、パートなどの採用も行っています。


Copyright (C) 2015-2018 損害保険会社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.